個人のお客様

ライフプランニングに対する
みなさんの不安やご質問にお答えします。

万が一に備えたい

自分に万が一のことがあったら、残された家族が生活していくためにお金を残してあげたいけど、いくらぐらい必要なのかな?
定期とか終身とかよくわからないけど、どんなものがいいんだろう?

家族構成やライフプランによって必要な保障額が変わってきます。一般的には終身でお葬式代、定期で家族の生活費・教育費を残すスキームがありますが、他にも収入保障保険など、お客様の既存の保険と一緒に考慮してプランニング致します。

病気やケガのために備えたい

医療保険につけた先進医療特約だけど、加入時点の先進医療にしか使えないって本当なの?
それに、入院日額って本当はいくらがいいのかしら?夫がつきあいで何社も入ってて数万円になっているのだけれど、こんなに必要なのかしら?

今は医療技術が進み、長期入院は少なくなっているようです。日額よりも一時金を拡充させるプランもあります。
また、先進医療特約部分のみ更新型の医療保険などもございます。
ぜひ、お話をお聞かせください!

老後に備えたい

会社の定年と、老齢年金の支給開始年齢に開きがあるし、公的年金じゃ老後の生活費まかないきれないって聞いたんだけど…
自分でどれぐらい準備しないといけないの?

シングルの方、夫が会社員のご夫婦、自営業の方と、現役時の就業形態や家族構成によって、公的年金の支給額、必要な生活費に大きな違いがでてきます。
 ご自分では個人年金やドル建て終身での運用で積み立てる方法などございますが、ライフプランをまず立てて、必要な額を一緒に検討していきましょう。

こどものために準備したい

自分に万が一のことがあっても、子供は大学まで行かせたいし、妻にも安定した生活を送ってほしい。
死亡保障には入ってるけど、一括で受け取っても、妻の事だから先々のことを考えると手を付けられなくなっちゃいそう。

収入保障保険をおすすめします。
保障期間に万が一のことがあれば、期間内は毎月決められた額をお支払します。社長様が毎月お給料を奥様にお渡ししているイメージを想像して頂くとわかりやすいと思います。
特約として、三大疾病になったときに給付金を2年間毎月お支払でき、その後払い込みを免除にする特約もあります。
また、たばこを吸われない方にのみ割引がきく商品もあります。
ぜひ1度お話をきかせてください。

相続に備えたい

相続対策って具体的にどんなことをすればいいの?
私の親は資産を持っているといっても少ないから、そんなに準備しなくても、大丈夫だと思うんだけど。

相続税の納税は原則、現金一括納付です。
土地建物、有価証券、貴金属、車など、様々なものが相続財産に該当し、一般的に相続財産の大半が分割しづらい不動産で構成されていますので、思っているよりも課税財産があった、という事態が起こりえます。
相続が争族にならないように、準備しておきましょう。
相続対策として保険を使えば、生前贈与(生存されているうちに所有している財産を人に与えること)で実際に払う税金の額を押さえたり、第二子やその配偶者に多く残すなど、被相続人の望むとおりに遺産分割を行うことも可能になります。
また、親の相続財産をつかって老後の備えをするなど、相続人にとってもメリットがあります。
ぜひ一度ご相談ください。

介護に備えたい

重大疾病に罹患したときや重度の身体障害状態になってしまったら、これまでのように働けなくなるかもしれない。
やむを得ずリタイアするにしても、退職金も必要になるし、介護が必要になってしまったら…必要な生活費はどう確保すればいいのだろう…。

それに、介護するにも、お金がかかるし、介護しながら生活費を稼いで育児もするとなったら私まで体を壊してしまうわ。
子供の教育資金もあるし…どうしましょう。

医療が進んで死亡率が下がり、要介護状態で生存する期間が伸びています。しかも、その期間というのが、9~12年になるケースもあります。
対策として、介護保障つきの終身保険があります!
円建て・ドル建てともにご用意しております。
ほとんどの方が医療保険の備えはしているのに、介護の備えはまだ、という状態のようです。
実際には医療保険が使える入院をしている人数が年間100万人、一方で要介護・要支援認定者数は平成26年時点でも600万人、そのうち介護保障が利用できる要件に該当する人が50%以上ですので、現代では医療よりもむしろ介護の備えがより重要になってきます。
ぜひ、一緒にプランニングしていきましょう!

資産形成に役立てたい

保障として必要なものはもれなく入ってるからいいんだけど、銀行預金は利息が期待できないし、かといって株に手を出すのも不安。資産形成としてつかえる保険はないのかな?

資産形成目的であれば、ドル建ての商品をおすすめしています。
円だと銀行の利率が高いところでも0.010%ほどですが、ドル建ての保険商品の利率が3%前後ですので、資産形成をするのであれば、保険を使ってのスキームがおすすめです。また、保険ならではの保障もつきますし、目に見えて将来返ってくる額がわかるのも保険のメリットです。ぜひ1度お話させてください。

ライフプランを立てたい

結婚してもうすぐ子どもが生まれるんだけど、家族をもつと生涯どれぐらいお金がかかるんだろう。

おめでとうございます!
家族のためにしっかり準備したいですね。
まずはライフプランを立てましょう!
ライフプランのページへ

保障の穴を見つけたい

家族それぞれさまざまな保険に入っているけど、任せていた担当者が退職してしまっているからどんな保障かもうわからない。今現在抜けている保障があるんじゃないかと不安だわ。

「保険のログさん」をご活用ください。
他社で加入された保険も含めて一括管理いたします。

一年に一度定期メンテナンスにお伺いしますので、保障内容を忘れてしまった場合も繰り返しご説明いたします。
ご契約いただいた保険の保全は、担当者だけでなく、スタッフ一丸となって行います。いつのタイミングでメンテナンスにお伺いするなども図にしてわかりやすくお作り致します。
ぜひ保険証券をご準備ください。

他社で加入を断られたが保険に入りたい

健康診断の数値が悪くて来店型保険ショップで加入を断られてしまった。

あきらめるのはまだ早いですよ!
他社で加入を断られても、よくよくお話をお伺いすると、問題なくご加入いただける場合や、引受け基準緩和型の商品もございます。まずは、お客様の希望の保障プランをお聞かせください。

他社で加入した既契約を見直したい

今まで加入した保険の内容を整理しきれていない…
重複した保険や見直したほうがよいものなどないかしら?

「保険のログさん」をご活用ください。
保険証券をみせていただければ、こちらでどの保障が重複しているかなど、まず表にしてご説明致します。
そこでどの保険を残した方がいいかどの保障がたりないかなど丁寧にご説明させて頂きます。